ゲリラ豪雨時の比較

水面の撮影後に、偶然 「ゲリラ豪雨」 に出くわしたので、物は試しと路面の状況を撮影してみました。

<裸眼の写真>          <偏光レンズを通した写真>

1.ame_ragan_500.jpg  2.ame_henkou_500.jpg

実際に眼の前に偏光レンズをかざして見てみると「有り」「無し」の差が感じられたのですが、写真ではあまり上手く写りませんでした。

でも、拡大して見比べると確かに「白線部分の見え方の違い」、「周りの景色の鮮明さ」、「遠くの路面の煙り方」に違いを感じていただく事ができると思います。

しかし、残念ながらゲリラ豪雨クラスの大雨になってしまうと偏光うんぬんの話ではなくなってしまい「この先は通れるのか」という方が頭の大部分を占めているというのが実感でした。