メガネをご購入する前に知って頂きたい事

1.メガネはオーダー品です。

「フレーム」 + 「レンズ」 +「加工」 の全てが揃って、初めてメガネとなります。

メガネを初めて作る方は、それぞれの選択基準が判らないと思いますので、知識と経験が豊な販売員が皆様のメガネ作りのお手伝いさせて頂きます。

                  

1.frame_200.jpg@フレーム選び

通常、店内にある1,000本以上のフレームの中から、色・形・大きさ・デザイン・ブランド・素材・機能・価格等を考慮し、何度も試着しながら候補を絞っていきます。

 メタル・・・初めての方にお薦め!

 セル・・・印象がぐっと変わります。                 

 枠ナシ・・・知的なイメージですが耐久性は△                    

                           

2.rennzu_200.jpgAレンズ

お客様一人一人の眼の状況や使いたいシーンに合わせて、レンズタイプを選び、視力測定をしながら度数を調整し、レンズを決めていきます。

 素材・・・プラスチックがほとんでです。                  

 設計・・・近視用から老眼用、遠近両用など多種。

 屈折率・・・通常のものから超薄型まで豊富です。                   

                            

3.kakou_200.jpgB加工

お客様が選んだフレームと度数を調整したレンズを一つに組み込む作業を、店舗の技術を持って行います。

在庫レンズの場合はその日にお渡しできますが、在庫が無い場合や縁なしフレームの場合は数日お時間をいただきます。 また、カラー染色や遠近両用などの特注レンズの場合は、一週間前後頂戴いたします。
            

                           

2.メガネ作りには個人的な情報が重要です。

ご購入される方の個人的な状況や、お使いになる生活シーンが大きく影響します。

@年齢
学生さんなら遠くの黒板の文字を見やすくする事が目的の一つですし、シニアであればお手元の小さい文字を見る事が目的の一つとなるなど、年齢によって大きく異なります。

A職業
同じ年齢でも、運転する時は遠くをハッキリ見たいと考えますが、PC画面を見る時間が長い事務職の方は近くを楽に見たかったり、疲れ眼を防止するメガネが必要だったりと、職種によっても大きく異なります。

B環境
暑い環境では汗に強いフレームと熱に強いレンズが必要なのに対し、寒い環境では温度変化に強い素材のフレームや曇りにくいレンズが重宝されます。

このように、お客様がお使いになりたいと考えている生活シーンで、作るメガネの種類も大きく変わります。

                

3.失敗しないメガネ作りのポイント

メガネはオーダー品ですから、絶対に失敗しないマニュアルというのは存在致しません。
よって、お客様がどういった生活シーンで不便を感じ、その不便をどのようにしたいかを私達眼鏡店の店員に出来るだけ詳しくお伝えいただく事が最大のポイントだと思われます。

 例・「黒板の文字が見えない」 ⇒ 「後ろの席からでも見えるように」

   ・「運転時に標識が見づらい」 ⇒ 「標識が見やすくして欲しい」

   ・「PC作業で眼が疲れやすい」 ⇒ 「仕事用の疲れにくいメガネ」

   ・「新聞の文字が読みにくくなってきた」 ⇒ 「遠ざけないでも見えるように」

他にご予算の事も重要ですし、掛け心地の調整などのアフターサービスや、いざと言う時の保証等も重要になりますので、お選びの際に参考にしてください。

また、お客様が一番気にされる 「似合う・似合わない」 に関しては、私達店員からもアドバイスさせて頂きますが、それでもご心配という方は、普段のお客様を良く知っているご家族やご友人の方と一緒にご来店いただくのが一番良いと思われます。