薄型レンズとは?

薄型レンズとは、素材や設計によりスタンダードなレンズより薄いレンズの総称で、メガネ出来上がり時の見栄えに大きく影響する要素です。 特に度数の強い近視の場合は、レンズの厚みが増しますので気になるポイントでしょう。
薄型レンズは、近視用レンズでも遠近両用レンズでも老視用レンズでも発売されており、選択幅も多くなっています。

              

■ レンズを薄くする要素
@ 屈折率

 薄型レンズ.jpg  厚さ比較.jpg

メガネのレンズは光を曲げて焦点距離を変える仕組みですから、光を曲げる力が強いか弱いかがポイントであり、その光を曲げる力を屈折率と言います。
屈折率は空気(真空)の屈折率を1.0として、プラスチックレンズの場合はスタンダードなレンズが1.50、それより薄く仕上がるものが、1.56、1.60、1.67、1.70、1.74、1.76等、豊富な種類があり、屈折率が高いレンズのほうが同じ度数でも薄くできるということになります。

               

A 設計
非球面_200.jpgスタンダードな設計が球面レンズと呼ばれているものですが、周辺部の歪みを抑えながら薄くする設計を施したものが非球面レンズ(非球面設計)と言います。 さらにレンズの表面と裏面の両方に非球面設計を施したものが両面非球面設計となり、同じ屈折率なら、球面 → 非球面 → 両面非球面 の順で薄くなります。

                       

※ 組み合わせ
レンズの厚さは 「屈折率」 と 「設計」 の組み合わせで決まりますが、度数によって様々ですので、詳しくは店頭でアドバイスさせて頂きます。

            

■ 近視のレンズを薄く仕上げるコツ
近視の場合はマイナスレンズを使いますが、マイナスレンズはレンズの中心部(目の位置)が最も薄く、中心から離れるほど厚くなります。メガネの形や乱視の度数にもよりますが、耳側の斜め下あたりの中心から一番遠い位置が最も厚くなります。
そこで、専門店からのワンポイントアドバイス!
近視の場合は、小さいフレームを使うと薄く仕上げる事が出来ます。 その理由は下記のイラストをご参照ください。
薄く仕上げるコツ.jpg