初めての遠近両用

遠近両用って 「使いづらい」 「慣れにくい」 「見づらい」 等の話を耳にして、遠慮がちになられている方も多いと思います。
でも、それは、発売当初の技術で作られた遠近両用についての話です。 今は技術力が格段に進歩し、新しいレンズがたくさん発売されていますので、お客様の生活シーンや不便さを感じている状況に合わせて、使いやすくて見やすいレンズを選択する事が可能になりました。
ここでは遠近両用についての情報提供やアドバイスをさせて頂きますので、ご購入を検討されている方は、是非、ご参考にしてください。

 

老視(老眼)については、サイドメニュー 「メガネが初めての方に」 の 「年齢別メガネ作りのアドバイス」 や 同じく 「老眼とは?」 のページで詳しくご説明させて頂いております。
先に老眼について知りたい方は ⇒ ここ をクリックしてご参照ください。 

                                        
              
■ 遠近両用って何ですか?

遠近両用とは、分類上は 「1本のメガネで、遠くも近くも見えるメガネ」 の事を言います。
古くはレンズの上下で境目のあるバイフォーカルレンズが主でしたが、累進多焦点レンズという徐々に度数が変化するタイプが発売されてからは、境目が無く見栄えの良い累進多焦点レンズへと主力が入れ替わりました。
ただし、発売当初の累進多焦点レンズは技術的に未熟な設計であった為、「使いづらい」 「慣れにくい」 「見づらい」 「ユレる」 「ゆがむ」 等のあまり良くない噂の元となりました。

                     
遠近_新旧.jpg

                  

では、現在はどのようになっているでしょうか。

先ず、バイフォーカルレンズは一部のお客様を除きほとんど見かけなくなりました。

次に、累進多焦点レンズについてですが、技術開発がどんどん進み何世代ものレンズが発売されては消えて行きました。
そして、現在は、比較的お求めやすい廉価版の累進多焦点レンズから、個人個人の度数や眼の動きに合わせた最高級フルオーダーレンズまで幅広い種類が販売されています。

                   

                  

■ 遠近両用の長所と短所

累進多焦点タイプのレンズが発売された当初、メーカーの宣伝文句は 「一本のメガネで遠くも近くも見える」 でした。 確かに一本のメガネで遠くも近くも、さらにバイフォーカルでは見えなかった中間も見えるので大変便利なレンズです。

ただし、レンズの構造上、中間と近くは遠くに比べて見える範囲が狭いという短所があります。

               

遠近設計イメージ_300.jpg

            

                                 

■ 累進多焦点レンズの種類

遠近両用は、短所を克服する為に中間や近くが広いレンズが次々と開発されていきましたが、それとは別コンセプトで 「中間」 や 「近く」 を広い範囲で見るためのレンズという物が開発されました。 それが、中近両用(室内用)や近々両用(デスクワーク用)です。

                         

遠近・中近・近々.jpg

          

車の運転や外出される事が多い方、もしくは初めての方には 「遠近両用」 がお薦めす。

一日中、室内で過ごす事が多い主婦の方や室内でのお仕事の方には、是非、「中近両用」 を試していただきたいと思います。

また、パソコンや事務仕事が多い方には近々両用がお薦めであり、お客様の生活シーンや不便さを感じている状況に合わせて、使いやすくて見やすいレンズを選択する事が可能です。

           

    メガネのミモトの
      お買得な 選べるレンズ付セット ⇒ こちらから

                       

                  
■ どのレンズが一番人気?

めがね白書2010で行った最新の消費者アンケートの結果では、
 1位…遠近両用(76%)
 2位…中近両用(15%)
 3位…近々両用(9%)
遠近両用が断トツで1位です。

理由は
 @初めての方は、無難な選択の遠近両用を好む傾向が強い
 A買い替え時も前回と同じ選択をする事が多い
 B遠近両用が有名すぎて、中近・近々を知らない
 C過去からの販売方法によるもの

過去は、シーンによってメガネを使い分けするという発想がなかったのでしょうがないとしても、あるレンズメーカーの調査では、中近や近々を知らないという方が70%以上いらっしゃるというデータもあります。
これは眼鏡店側の説明不足として真摯に捉え、当店では、中近や近々も積極的にご提案中です。

              

                   

■ お薦めは?

今は、シーンによってメガネを使い分けする事をお薦めする時代になりました。

よって、お客様の 「日々の過ごし方」 や 「お仕事の種類」、 「不便さを感じる時」 や 「何をしたいか」 等をお聞きしてからお薦めレンズを決めさせて頂いております。

因みに 「中近両用レンズ」 や 「近々両用レンズ」 をご購入頂いたお客様からは、とても使いやすくて一度使うと気に入って頂けることが多いです。

しかし、「中近両用レンズ」 や 「近々両用レンズ」 は遠くが見えないという欠点もありますので、場合によっては、お仕事用に中近両用をお薦めして、車での通勤用には遠近両用をお薦めするなどの複数利用をお薦めする事も多々ございます。

ご来店の際は、ご不便を感じる状況や普段の生活等を教えて頂けると幸いです。

                     

                     

■ 何歳位から遠近両用を使うと良いの?

普段の生活やお仕事の内容など個人差が大きいですが、一般的には30代後半〜40代前半で疲れ目に悩まされ、老眼の自覚をするのが45歳前後でしょうか。 その後、数年、我慢に我慢を重ねてご購入に至のが50歳前後です。 因みに我慢の限界は55歳位です。

                      

老眼イメージ_イラスト.jpg

                    

しかし、老視の症状として 「近くが見えづらい」、「読む距離を少し遠くすると見える」、「すぐ疲れてしまい長時間文字を読む事ができない」、「近視用のメガネをかけていると疲れる」、「昔作った近視用の弱いメガネを掛けた方が文字を見やすい」などが現れてきたら、老視用のメガネを使用することをおすすめします。 集中力を欠いては仕事に影響が出かねませんから。

因みに、私達眼鏡店の店員は30代から調節力サポートレンズを使用し、40代半ばには累進多焦点レンズに切り替える事が多いです。

それは何故か?
実は、累進多焦点レンズは1枚のレンズで 遠 ・ 中 ・ 近 が見えるように設計されているので遠用 → 中間 → 近用 と度数が変化します。
したがって、ほとんどの方はすぐに慣れてしまいますが、掛け始めの際はユレ・ユガミなどの違和感を感じたり、視野(見える範囲)が狭く感じるといったことがあります。

さらに、こうしたユレ・ユガミや視野の問題は度数が進めば進むほど顕著になってきますから、なるべくなら加入度数(老眼の度数)が強くならないうちから使用した方が慣れやすいのです。

加入度数が強くなってから掛け始めると、慣れづらく、慣れるまでに時間がかかってしまい、最悪の場合は掛けられないという事も起こります。

                  

遠近レンズ度数アップ比較.jpg

                          

よく耳にする話ですが、「近視の人は老視にならない」 と聞いたことがある人がいるかもしれません。 しかし、残念ながら、老視は全ての人に同じように訪れる老化現象の一つです。 したがって、近視だから老視にならない、遠視だから早く老視になる、ということは残念ながらございません。

また、「老眼鏡を掛けると老眼が進む」 という噂話もよく聞きますが、調節力は年齢とともに衰えてくるので、老眼鏡を掛けても掛けなくても老視は進行し、メガネの度数で言うと、およそ10年間に4段階くらい進んで行くものです。

「いや、私は、まだまだ近くが見える!」 と言う声が画面の向こうから聞こえてくる気がしますが、辛く不便な思いを我慢するか、楽に見られるようにするか、遅かれ早かれ50代なかばにはメガネに頼らざるを得ない状況になりますので、早く楽に見られるように、眼鏡店としてはメガネを作る事をおすすめします。

                      

            

■フレーム選び

遠近両用のレンズは「遠い所」と「近い所」に焦点が合うように設計されていますから、それを入れるフレームはある程度、上下の幅があるものが理想です。

             

短累進レンズ設計イメージ.jpg

                  

tanruisin_image_180.gifただし、性能重視でいけば当たり前なのですが、お洒落なメガネをかけたいという希望から、小さいフレームでも入れられる遠近両用が発売されました。
以前は、いかにもと言うフレームでも仕方ないとあきらめていましたが、最近はレンズの性能向上により上下3cmを切るようなフレームにも入り、視界も確保できる遠近両用レンズが出来ています。

フレームの選択幅が増えたのは嬉しいですよね、見た目は普通のお洒落なめがねと言うのが選べるのは、大きな利点だと思います。

            

                       

                      

■ 遠近両用ご購入のポイント

せっかくの楽しいお買い物で失敗しないように、遠近両用ご購入のポイントをいくつか挙げさせて頂きます。

 1.お仕事について詳しく教えて下さい。特に作業距離と時間が重要です。

 2.不便を感じる時はどのような時かを聞かせてください。

 3.日々の過ごし方や今後の予定等を教えて下さい。

 4.お客様のご希望を聞かせてください。

 5.生活シーンに合わせた複数利用をお薦めします。

 6.出来るだけ早めに作る事をお薦めします。

               

当店では 「遠近両用」 をご購入頂く前に、テストレンズを使って 『見え方』 ・ 『使い方』 の体験が可能です。 買う前に試せる … だから安心です!
                              

遠近両用 上級編

前のページで累進多焦点レンズに関して一通りご説明させて頂きましたが、上級編ではもう少し詳しい内容を追加させて頂きます。

              

■ 累進多焦点レンズの種類

大きく分けて、遠近両用 ・ 中近両用 ・ 近々両用の3種類があるという事はご理解いただけたと思いますが、実は遠近両用と中近両用は生活スタイルや目的距離に応じて、さらに細分化されています。

       

レンズ設計イメージ_2.jpg

                 

遠近両用に関しては、ほとんどの方が左側二段目の 「バランスタイプ」 をご購入頂いておりますが、一段目の 「遠方重視タイプ」 や三段目の 「近方重視タイプ」 というものもあります。

中近両用に関しては、中央二段目の 「室内用」 というものしかありませんでしたが、一段目の 「屋内用」 というものが発売されました。

それぞれの特徴を下記に記載させて頂きますので、ご参考にしてください。

        

 

「遠方重視タイプ」の遠近両用

遠方重視の遠近.JPG主に運転を仕事として行っている方を対象に開発されたレンズで、遠方の視界が広めに設定されています。

逆に、中間と近くは少し狭くなっていますが、地図や伝票の文字を見るとき以外はほとんどが遠くを見ているので、このような設計思想になりました。

その後、さらに進化して、個人個人の目に合わせて作るオーダーメイドタイプや、50億以上の設計から選ぶセミオーダータイプなど種類も豊富になりました。

               

「バランスタイプ」の遠近両用

遠近バランス.JPG遠く、中間、近くの度数がバランス良く配置されているので、普段からメガネを掛けている方には最適なレンズです。

また、慣れやすい設計とも言える為、遠近両用を始めて使うという方にもお薦めしています。

このタイプのレンズは遠近両用の基本ですので、各メーカーからいろいろなレンズが発売されており、レンズの種類も豊富で価格幅も広くなっています。

                   

                   

「近方重視タイプ」の遠近両用

近方重視の遠近.jpg基本的な設計は遠近両用ですが、バランスタイプよりお手元の視野を広めに設定して、室内でも過ごしやすくしたレンズです。

遠方重視タイプの逆と考えて頂ければ宜しいとでしょう。

また、一日の中でどれ位の距離の所をどれ位の時間見ているか等、現代人の目の使い方を研究し、その割合などから遠近と中近の間くらいの設定をしたレンズも2010年秋に発売されています。 視野が広く、ユレ・ユガミが大幅に軽減されていると評判です。

               

「屋内用」の中近両用

屋内中近.JPG室内と屋内はどこが違うの? という声が聞こえてきそうですが、屋内用を発売したメーカーは室内用を開発したメーカーであり、室内用を使っている消費者から望まれていた 「もう少し遠くまで見たい」 を実現したレンズです。

コンセプトは建物内。 会社員の方が建物内を移動するのを想像していただくと判り易いかもしれませんが、室内より少し長い距離まで対応可能になりました。

また、特徴として流行の大型テレビに対応したレンズになっています。 黒目の位置で見える距離が、52型ワイドテレビの視聴距離とほぼ同じ位に設定されていますので、広いリビングで活躍してくれるでしょう。

                

「室内用」の中近両用

室内中近.jpg屋内用は建物内という設定とすると、室内用はご自宅での使用を快適にする為のレンズと考えて頂けると良いかもしれません。

見える距離はお手元から4〜5メートル先までですから、広いリビングや長い廊下を除けば、家の中のほとんどの物が見える設定になっています。

炊事・洗濯・お掃除など、家の中で過ごす時間が長い主婦の方に大変喜ばれている実績の多いレンズです。

           

             

 「近々両用レンズ」

近々両用.jpg別名 「デスクワーク用」 とも呼んでいますが、このレンズは遠近両用や中近両用とは多少毛色の異なるレンズで、お手元専用の老眼鏡より広い範囲を見渡せるレンズと考えて頂けると良いでしょう。

お仕事では、パソコンに向かう時間が長い方に向いていますし、読書や編み物といったご趣味にも向いています。

もし、お手元専用の老眼鏡を作る事を考えている方がいらっしゃいましたら、見える幅も奥行きも断然広い、こちらの近々両用レンズをお薦め致します。

             

                

因みに、メガネのミモトのお買得な選べるレンズ付セットでは、バランスタイプの遠近両用、室内用の中近両用、近々両用がご自由に選べます。

   選べるレンズ付セットに関しては ⇒ こちらから 

          

                 

■ 気になるレンズ価格について

メガネのミモトでは、廉価版から最高級レンズまで数多く取り揃えていますが、価格差の理由がどこにあるのか判り辛いというご意見も頂きますので、予め、どこが違うのかを例を挙げてご説明させて頂きます。

下記のイメージ写真は、同度数を条件に、遠くと近くがどれ位の幅までスッキリと見えるかをレンズの種類によって比較したものです。

                  

遠近レンズ価格の違い.jpg

               

一番左とその隣で見比べると、遠くでは数十センチ、近くで数センチしか差が無いように思われるかもしれませんが、目線の動きや首の振り方を想像して頂けると、僅かな距離でも違いが出てくる事をご理解頂けるかもしれません。

また、一番左と一番右では2倍までは行かないまでも1.7〜1.9倍の差が発生します。

この差が “ズバリ” お値段の差! という事になります。

              

その一例が大手レンズメーカーHOYAの両面複合累進設計 〔BOOM(ブーム)〕。 レンズの両面にそれぞれの思想に基づいた設計を施し、さらに、お客様の度数が決定後、最良の状態を計算してからレンズの作製を行うというフルオーダーレンズです。

ブーム設計.jpg

           
他には、左がメーカーのセミ在庫品で右がフルオーダー品という見方もありますし、左が発売してから年数が経過した従来型レンズで、右は最新の技術で作られた新製品と考えていただいてもよいでしょう。

さらにもっと詳しい内容もございますが、これらに関しては各メーカーのレンズ種類によって少しづつ異なりますので、お店でご説明や実体験をさせて頂きたいと思います。

                 

遠近両用の買い換えポイント

遠近両用の買い換えには 「失敗しない」 秘訣があります。
それは、次に購入するレンズは今使っているレンズより、レンズのランクを上げる事です。
もちろんランクの高いレンズは価格も上がってしまいますが、眼鏡専門店がお薦めするにはお薦めするだけの理由がありますので、是非、知って頂きたいと思います。

              

    

■ ランクの高いレンズをお薦めする理由

下記の写真はレンズの見え方のシミュレーション画像です。

加入アップ時の比較_1.jpg

左の写真の上段は約5m先を見た時の画像で、ハッキリ見える範囲(横幅)は約 2.8m。

下段は約 40cmのお手元を見た時の画像で、ハッキリ見える範囲(横幅)は約 10cmです。

共に縦線の外側の暗くなっている部分は、ハッキリ見えないユレ・ユガミを感じる部分を表しています。

-----------------------------------------------------------------------------------

真ん中の写真は、お手元の度数を2段階上げた場合のシミュレーション画像です。
お仕事や生活シーンによって個人差はありますが、左の画像のレンズを購入後、5年前後で度数を 2段階上げる必要が出てきます。

     

 度数を上げるとどのようになるか?

   ↓↓↓↓↓

写真を見て頂ければ一目瞭然ですね。 同じレンズを使っている限り、遠くも近くもハッキリ見える範囲が狭くなってしまうのです。 さらに5年後、もう2段階度数を上げる必要がありますので、その時には最初に見えた幅の約60%にまで減少してしまうのです。

50歳で初めて遠近両用をご購入いただいた場合、10年後の60歳になった時には、同じレンズを使っている限り、これだけ視野が狭くなってしまうのです。
正直言って、これはレンズ設計上どうしようもない事なのです。

                  

そこで眼鏡専門店がお薦めしたいのが、レンズのランクを上げる事!

加入アップ時の比較_2.jpg

 

左の写真は度数を上げる前のレンズです。

真ん中の写真がレンズランクをワンランク上げたもの。
ワンランク上のレンズなら、遠くの見え方は少し狭くなるものの、近くの見え方は変わりません。 よって、度数を上げても違和感が少なく馴染みやすいという点から、眼鏡専門店がお薦めする理由がお判り頂けると思います。

             

さらに、右の写真はレンズのランクをツーランク上げたものです。
左の写真と比べてみて頂けると判りますが、遠くの見え方は同じですが、逆に近くの見え方は少し広がります。
もちろん価格もそれなりに高くなっていきますが、これなら度数を上げても違和感が殆ど無く、近くがさらに見やすい新しいメガネを作れますので、お客様の使い勝手を考えた結果としてお薦めするのです。

         

         
 ※ 度数アップに伴うレンズのランクアップ例

遠近買い換えルート.jpg

   (左…初回、真ん中…5年後、右…10年後でイメージしています)

               

因みに、これらの見え方の差は、店舗にあるテストレンズを使って体験していただく事が出来ますので、メガネを買い換える際は、是非、違いを実感してください。

            

-----------------------------------------------------------------------------------

           

メガネのミモトより                

このようなレンズのご提案は、安い事が売りのメガネチェーン店や専門知識が少ないメガネ店では説明しない場合が多くあります。
しかし、メガネのミモトは眼鏡専門店として、お客様が使いやすい物をご提案させて頂く事や、お客様にとって有益な情報をご提供する事が専門店としての努めであると考えておりますので、ホ−ムページ上にてご説明させて頂きました。

ただし、現実的にはお財布の中身とのご相談になりますので、決して無理強いは致しませんからご安心ください。

          

尚、上記の写真は遠くを見る為の度数が入っていない状態にてシミュレーションしたものですので、度数が変化すると見え方イメージも変わります。 予め、ご了承ください。

また、5年ごとの度数変化でシミュレーションさせて頂きましたが、その間に買い換えされる場合は度数を 1段階上げる場合もあると思われます。 その場合、上記ほどの差は出ない状態になりますので、合わせてご了承ください。

 

---------------------------------------------------------------------------------